« 野間大坊へ行ってきた(道中ネタ) | トップページ | (残雪の)有松へ行ってきた »

2012-01-28

野間大坊へ行ってきた(かっぱの苑)

やはり「野間大坊へ行ってきた」の余談。

昔、それこそ小学生の頃から不思議だった、河和口駅前にいらっしゃるこのカッパ。
Img_3671

今回、意を決して近づいてみることにした。

うーん、結構迫力があるぞ。
Img_3672

お、背中に名前が書いてある(後姿を見たのは初めて)。
Img_3674

「花ちゃん 娘カッパと申します」
ああ、そうですか。
いや、それ以前にその管は何?

…疑問が増えたじゃないか(笑)。
もやもやした感じを抱えたまま、河和まで南下。

「たまには港に寄ってみるか」と曲がったら、そこにもいたよカッパたちが。
Img_3680

これは強烈だなぁ(笑)。
Img_3683

建屋内でもらったチラシ(「ようこそ かっぱの苑へ」)にはこう書いてある。

 昭和31年当時、観光客で賑わいのあった、野間 河和 河和口の3つの海水浴場にそれぞれのシンボルとして、かっぱのように上手に泳げる子供たちになってほしいという想いと、水難事故にあわないようにとの願いをこめて、野間太郎父ちゃんかっぱ ゆり子母ちゃんかっぱ 花ちゃん娘かっぱの像(高さ1メートル80余りのコンクリート製カッパ・シャワー)が建てられました。昭和31年7月8日(1956年日曜日)浜開き(第1回かっぱカーニバル)が開催され、7月29日(日曜日)にかっぱ像の命名式が行われました。
 平成22年10月河和港に離れている家族を一緒にした「かっぱの家族像」が建てられ、55年目の平成23年12月河和港に新たな「かっぱの家族」が加わりました。野間のオリジナル野間太郎父ちゃんかっぱ像も平成23年11月にリニューアルされました。ぜひ、野間海岸にもお立ち寄りください。
(中略)
 3体のかっぱ像を回ってかっぱの家族像を見ながら日の出を見ると恋愛が成就すると伝えられています。ぜひ、かっぱ像をめぐってください。

「伝えられています」ってあんた、平成22年にできたばっかじゃん(笑)。
(帰ってからググったところ、この記事が詳しかった)

ちなみに、花ちゃんの後ろに広がる三河湾はこんな感じ。
Img_3677

北に目をやると、武豊の火力発電所が頑張っているように見えた。
Img_3679

|

« 野間大坊へ行ってきた(道中ネタ) | トップページ | (残雪の)有松へ行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野間大坊へ行ってきた(かっぱの苑):

« 野間大坊へ行ってきた(道中ネタ) | トップページ | (残雪の)有松へ行ってきた »