« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011-09-30

「もうダマ」を読んで -2- 【一部追記あり】

『もうダマされないための「科学」講義』(光文社新書)の感想文は、つい先日アップしたところだ。
しかしその後新たな動き(?)があったため、自分の覚書半分で「バージョン2」を書いておく。

注:記載モレを思い出すごとに追記しております。ご了承ください。なお、追記部分は明示しています。

基本的な内容はオリジナルとさほど変わらない。
表現が多少辛辣になった程度だろう(自分で言うのもアレだが)
「それでも読んでやろう」という奇特な方のみ、以下に進まれるようお願いする。
正直なところ読んでも面白くなく、参考になる部分は少ないだろう(だから自分で言うのもアレだって)

また、自分は「欠如モデル」という言葉すら知らなかったレベルの人間であり、本書に登場する具体事例について語れるほどの知識も技量も持ち合わせていない。
このため専門家(科学者)の方からすれば曖昧模糊とした内容に見えると思うが、「一般向けに書かれた新書だから、こんな読者もいるか」とご容赦願いたい。

Img_1794
「甘めに見てやってね」

続きを読む "「もうダマ」を読んで -2- 【一部追記あり】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-25

「もうダマ」を読んで

『もうダマされないための「科学」講義』(光文社新書)という本を読んだ。
拙速を承知の上で、以下感想を書いてみたい。
(何度か読み返すうちに、また変わるかもしれないが)

全体としては面白く読めたと思う。
勉強になったというか、復習できた部分も多かった。

それは例えば「ゼロリスク信仰」に関わる話。
「客観的事実と個人的な体験の区別」であったり、「不安は理屈ではない」こともそうだ。
「まずは自分で調べてみよう」も大切なことだと思う。

付録にいたっては、「そこまで書いて大丈夫なのか?」と心配になるほどだ。

ただその一方、「何だかなぁ」と思ったことも事実。
カバーには「3.11以降の科学に対するモヤモヤがきれいになくなる一冊」とあるのに。

続きを読む "「もうダマ」を読んで"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011-09-24

やっぱり寝る犬

季節に関係なく、オレは眠いんだよ。
ほら、目がとろーんとしてるだろ?
Img_3326

続きを読む "やっぱり寝る犬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増水跡と彼岸花

父が「川を見に行く」と言うので、流されないよう監視役として同行。

…しまった、肝心の川の写真を撮ってない。

続きを読む "増水跡と彼岸花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松平郷へ行ってきた -2-

松平郷へ行ってきた -1-」の続き。

松平郷園地を抜けると、松平氏の菩提寺である高月院が見えてくる。
Img_3297

続きを読む "松平郷へ行ってきた -2-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松平郷へ行ってきた -1-

お墓参りのついでに、「何か花でも咲いてるかも」と松平郷まで足を伸ばした。
…冷静に考えれば、台風のすぐ後じゃんねぇ。

でもまぁ久しぶりだったし、一応定番スポット(?)を巡回。
松平氏発祥の地だから。

中学校の地理の時間だったか(30年以上前やん)、
「豊田市が松平町と合併したのは歴史が欲しかったからだ」と
教師が言ってたことを思い出しつつ(真偽の程は不明)

続きを読む "松平郷へ行ってきた -1-"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011-09-23

おすすめの洋食屋さん

オムライス好きの息子さんをお持ちのお父さんに捧ぐ(笑)。

Img_3248

続きを読む "おすすめの洋食屋さん"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

車庫、あるいは基地

気付いたら一ヶ月以上更新してないじゃないか。
とりあえず手元のネタで誤魔化しておこう。

朝焼けの中で出動を待つトラクター。
Img_3241
(撮影は9月上旬の早朝、コンビニ帰り)

続きを読む "車庫、あるいは基地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »