« 【自家用覚書】朝日ホメオパ関連 -6- | トップページ | F1かF-4希望 »

2010-09-04

【自家用覚書】朝日ホメオパ関連 -7-

笑うところですよね、と思われる話も出てきたので。
引用は一部のみ、強調表示は引用者。

沖縄取材のことが書かれている朝日の記者ブログ(ホメオパシーを巡る問題(その6)  「思いこみ薬」という判断力)に、こんな「蛇足」が書かれている。

蛇足ですが今回、「レメディーを作る装置」があることも確認できました。製法は「ただの砂糖玉」を機械に入れて「電磁波」(?)をかけると、「効果を持ったレメディー」になると、生徒さんたちは聞いていました。どうやら、「症状を起こす物質」を気が遠くなるまで薄めた水を砂糖玉にかけて作る本来の製法とは違うようです。養護教諭は、保健室でこの装置を使っていたそうです。

で、詳しく書かれている方がいる。

【東海林さだおがいいなぁ】

恐怖の電子錬金術(レメディマシーンのひみつ)(2010/09/03)

で、使い方だが、両機とも受け皿みたいのが二つついてて、片一方に砂糖玉、もう片一方に『猫の毛(意味わからんけど)、とか、中毒している物質(どんな物質や?)』なんかを入れて、スイッチオンすると置いた物質の波動なりエネルギーなりが砂糖玉に転写されるという使い方が一つ。

もう一つの使い方は砂糖玉だけ置いて、なんのこっちゃわからないが「ポーテンシー」なるものをつまみでセットしてやって「スイッチオン」するとレメディのできあがり、というのがあるようだが、それだと「擬似レメディ」扱いされるとかなんとかあるようだけれど、その辺の細かいところはどーでもよろしいでしょう。

しかし、こうなると由井寅子氏のホメオパシージャパンがほとんど涙目で守ろうとしている「希釈・振とうの原理」はど~でもいい、ということにならないか?

さらに、沖縄は名護市の養護教諭は「ホメオパシーというニセ科学」だけでなく「波動転送マシーン」というニセ科学(笑えるけど)まで生徒に広めちゃってることにならないか?

「続く」そうなので、次回以降にも期待(笑)。

拝啓 Ph.D.Hom  由井寅子様(2010/09/06)

そしてもちろんのことに、Ph.D.Hom(笑)である寅子先生はこの様なデタラメ、特に「科学的根拠を欠き、全く実証されていないタキオンエネルギーは健康に良い説」なぞは「科学であり医学であるホメオパシーと違い科学などとは呼べない」と一蹴なさるでしょう。

しかしながら、不肖わたくしちょちょんまげ、上掲のような解説文同様に「アホンダラで、バカタレで、大マヌケで幼稚園児の妄想並み」の「四重にも五重にも誤った解説」で「より悪質なモノ」を、どこかで見た記憶があるのです。

そう、他ならぬ「ホメオパシージャパングループ」の各HPでです。
続くのでした。

ちょちょんまげさんって、マメな方なんですね。

【新小児科医のつぶやき】

沖縄のホメパチ装置からの芋づる(2010/09/04)

■芋づる式のまとめ

 1. ホメパチ砂糖粒は「機械」で生産可能であり、機械はホメパチ・アカデミーで販売している

   2. ホメパチ・アカデミーでは他にビルネルソン作成の装置も学生相手に販売している

   3. ビルネルソンはFDAが完全否定し、アメリカ司法当局が重罪詐欺で起訴した装置を手広く販売し、現在はハンガリーに逃亡潜伏中である

   4. そのビルネルソンをホメパチ協会の総帥である由井氏は「恩師」と明言し、潜伏中のハンガリーから日本に招待し有料講演会を行なっている

由井氏がビルネルソンを恩師と仰いで何を学んだのかは不明です。何を学んだかは不明ですが、ビルネルソンを擁護する反論は簡単に推測されます。

   1. ビルネルソンは起訴されただけで重罪詐欺が判決で確定したわけではない
   2. ビルネルソンの装置で「効果のあった」経験談は多数あり、FDAの認定が間違っている
   3. 先進科学はガレリオの様に時に無理解から迫害され、ビルネルソンもまたそうである

もう一つのホメパチ砂糖粒作製器の方は近いうちにまた反論が出る可能性が高いと思われますから、待っている事にしましょう。あんまり面白いものが出てくるとは期待しにくいですけどね。

驚異のレメディ・メーカー(2010/09/05)

それにしても真面目に反論と言うか、問題点を指摘するには、ホメパチ装置は余りにもぶっ飛び過ぎています。ホメパチ・ワールドに少しは慣れたつもりでしたが、その認識がいかに甘いものなのかを思い知らされた気分です。本当に200年の伝統と、それに育まれた理論(詭弁)の奥深さは怖ろしいほどです。

こちらは「燃料投下のすごさについていくのが大変」とのこと。
これはこれで、おっしゃる通りですね。
投下しているほうは、燃料とも釣り針とも思っていないのでしょうけれど。

|

« 【自家用覚書】朝日ホメオパ関連 -6- | トップページ | F1かF-4希望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自家用覚書】朝日ホメオパ関連 -7-:

« 【自家用覚書】朝日ホメオパ関連 -6- | トップページ | F1かF-4希望 »