« 妻籠の帰り | トップページ | 川遊び(になっちゃった) »

2010-07-20

ですます調・である調

妻籠宿見学(観光?)の後は、馬籠峠越え。

Img_0778_2
(この写真は演出用に落合の石畳で撮影:実際は自家用車で峠越え)

その旧中山道沿いに、男滝・女滝という滝がある。
涼も求めて、久しぶりに立ち寄った(今回の主役が「滝を近くで見たことがない」と言うし)

Img_0772
(写真は女滝)

駐車場脇の茶屋閉店に淋しさ(歳月?)を感じているとき、目に入った看板がこちら。

Img_0770

私は滝です
ゴミを護美の 心で捨てない
貴方の気配り 信じます
 男滝女滝

ここまでけなげなお願い表現は、あまり見た記憶がないような。


一方、男滝近くまで行って見つけた看板がこちら。

Img_0773

私は この山の 神である
ごみを 捨てた者は 天罰が下るであろ
ゆめゆめ 忘れること なかれ
 男垂山主神

日本の神様って怒りの神だったんだなぁと改めて感じた次第。

文言の7行目は「う」を加えて、「下るであろう」にした方がよかったであろう。
(偉そうなことを書いて、神様ごめんなさい)

|

« 妻籠の帰り | トップページ | 川遊び(になっちゃった) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ですます調・である調:

« 妻籠の帰り | トップページ | 川遊び(になっちゃった) »